松村沙友理と白石麻衣は仲直りした?手紙で不仲解消?旅行トークとは?

松村沙友理




松村沙友理さん、妻子ある男性との「路上キス」のスキャンダル報道直後から、「乃木坂46」内にも激震が走り、白石麻衣さんとの「不仲説」も決定的と報道され、「乃木坂46」としては苦境に立たされました。その後、どのように関係が修復されたのかを調べてみました。

松村沙友理と白石麻衣は不仲だった?

ともに第1期生として「乃木坂46」を支えてきた松村沙友理さんと白石麻衣さん。調べたところ、やはり「不仲」が騒がれ出したのは、「路上キス」のスキャンダル後のようです。人気女性アイドルグループとしてはあってはならないスキャンダル。

一説では、このスキャンダル騒動が発覚した時に、松村沙友理さんからは白石麻衣さんに一言も相談がなかったとか。それが原因で二人の信頼関係が崩れ、松村沙友理さんは申し訳なくて伝えたい言葉も出ないパニック状態。

それに対して「乃木坂46」のメンバーとして慰める言葉が見つからない白石麻衣さん。実際、グループでのテレビ出演の際も、二人が「目線を合わせない」「対話がない」とネット上でも多数の書き込みが見られました。

手紙を理由に仲直り?

ファンの間では、これが「仲直り」のきっかけであろうと言われているのが「乃木ルーム」という番組で、パジャマ姿でトークする様子を楽しめる番組であった。

各自、自前のパジャマでトークをする姿で白石麻衣さんに宛てた手紙が届き、それを書いたのが松村沙友理さんでした。手紙の中で、不倫スキャンダルが出てしまった時のことや、態度、信頼していた白石さんに相談しなかったことなどを謝罪していました。

大切な問題だからこそ信頼して話してほしいと思っていた白石さんですが、手紙では謝罪の気持ちと、辛い時期に支えてくれた白石さんへの感謝、距離がひらいてしまったことへの反省などが書かれていました。

これには白石さんも思わず涙を浮かべていました。この手紙をきっかけに、ぎくしゃくしていた二人の関係にも変化が訪れたとファンも読み取ったようです。

二人の旅行トークとは?

昨年6月20日、「乃木坂46」がタイ観光大使に就任し、記者発表会の場で、事前にプーケットを訪れた松村沙友理さんと白石麻衣さんが、「さゆまい」コンビとして他の乃木坂のメンバーも同席する中、旅の思い出を報告しました。

旅先での打ち解けた二人の「仲良し」ぶりを存分に味わうことが出来る、たくさんの「2ショット」を披露しつつ、今や「乃木坂46」の大御所として二人で協力し合ってリーダーシップを取って行こうという、穏やかな「二人の決意表明」のような側面も見受けられました。

松村沙友理さんのスキャンダルから始まった「乃木坂46」「松村沙友理・白石麻衣」の不協和音を払しょくして余りある記者発表会となり、ファンからも安堵のコメントが相次いで寄せられました。

まとめ

「乃木坂46」を根底から揺るがした「路上キス」のスキャンダルから4年。「不仲説」が現実味をおび、迷走を続ける中で、謝罪手紙から始まった関係修復。

現在、松村沙友理さん、白石麻衣さんのお二人は、誰から見ても良好な関係で「乃木坂46」を引っ張らなくてはならない存在として活躍しておられます。初代メンバーが徐々に卒業して行く中、松村沙友理さんがしっかり立ち位置を見極め「乃木坂46」で上質のパフォーマンスを精一杯披露して頂きたいと思います。

関連記事♪

 viearth
viearth
https://viearth.com/matsumurasayur4/

関連記事(一部広告)