斉藤由貴、夫小井延安さんの職業は?出身地は四日市?

yuki11




2017年8月に同年代の主治医と“W不倫”を大きく報じられた斉藤由貴さん。

そんな斉藤さんと1994年の12月に結婚されたのが小井延安さんという男性なのですが一体どんな職業をされている方なのでしょうか。また小井延安さんの出身地などについても調べてみました。

小井延安さんはどんな人?職業は何?

小井延安さんは一般男性の方で普通の会社員の方です。

その業界や職業は情報として出てこなかったのですが、一つ分かっている事は、1993年にアメリカに留学していたという事です。情報によるとその留学は1996年まで続いていたという事でした。

もうひとつ分かっている事は、小井延安さんは斉藤由貴さんよりも年齢が一つ上だという事。ここから分かるのは20代後半から30代前半までに海外留学できる環境だったということですね。

そこから考えて大手企業に籍を置いているのでは、と推測されます。かなりのエリートでMBA取得のための海外留学だったのでは、との見方が多いようです。

また他の週刊誌記事によりますと、留学先はモルモン協会本部がある米国ユタ州の教団系列「ガム・ヤング大学」と書かれています。

同大学は、ノーベル賞受賞者、大統領候補、多数の世界的企業役員などを輩出しており、超一流の大学です。

斉藤由貴との出会い・馴れ初めは?

斉藤由貴さんが夫の小井延安さんとご結婚されたのは、1994年12月19日です。

斉藤さんはモルモン教というキリスト教から派生したアメリカ発祥の新宗教の熱心な教徒の一家で生まれ育ちその影響で自身も敬虔な信者と言われています。

※モルモン教=末日聖徒イエス・キリスト教会(まつじつせいとイエス・キリストきょうかい)は、1830年にアメリカ合衆国にて宗教家ジョセフ・スミス・ジュニアによって立ち上げられたキリスト教系の新宗教。通称はモルモン教会(モルモンきょうかい)で、教典の一つである「モルモン書」に由来する。本部はアメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ。

小井さんも、モルモン教徒でありその教団の最高幹部ではないか、と噂される程のようです。

二人の結婚には、その宗教との切っても切れない因果がありそうです。

出会いは1993年9月で、二人の共通の知人から紹介されたといいますから1年3ヶ月程でのゴールインです。

普通は2~3年は段階を踏みたいものですが、やはり二人の場合同じ宗教というのは決め手として大きかったようです。

小井延安の実家は四日市の噂

噂になっていた通り、小井延安さんは三重県の四日市の出身のようです。

夫婦仲は斉藤さんが「旦那さんのことを尊敬している」「私の方が絶対あなたのことを好き。私の片思いよ」と話していた為、良好と思われていましたが、2017年8月に、斉藤さんの不倫が発覚しました。このことがきっかけで、離婚の可能性も出てきましたが、現在はその様な話は出ていません。

この報道の後、斉藤さんは夫に全てを話して、今回の不貞を謝罪しましたが、夫からは「今は子供達のことを第一に考えよう、お互い努力し出直そう」と言ってくれたそうです。

この先のことは、今後もよく話し合っていけたらと願っていると語っていました。

旦那さんは斉藤さんの不倫について、許した模様ですが、これから上手く修復出来ると良いですね。

まとめ

当時アイドルであった斉藤由貴さんの突然の結婚発表に世間はとても驚いたようですね。斉藤さんは旦那さんとの出会いを運命だと悟ったようで早い段階から結婚を意識していたようです。

斉藤さんは結婚当時旦那さんの好きなところをかっこいいところだと答えています。

相当惚れ込んでの結婚だったのでしょうね。

そんな斉藤さんの不倫が報じられた際は、旦那さんも話題を集めてしまい、離婚するのではないかと話題にもなりましたが、現在は夫婦仲が修復した模様で、離婚となる事も無さそうで、安心しました。

斉藤由貴さんと旦那さん、ご夫妻の今後の行く末が気になります。

関連記事(一部広告)