山崎育三郎の2018年に開幕されるミュージカルとは!

IKU15




5月から8月にかけ東京・名古屋・大阪で上演されるミュージカル「モーツァルト!」。

2018年の代表作にしたいと山崎育三郎さんが意気込みとミュージカルの持つ魔力について語りました。

今回は開幕に先駆け、2月15日に東京都内行われた製作発表会見をもとに演出メンバーや作品について紹介したいと思います。

帝国劇場ミュージカル「モーツァルト!」開幕!キャストは?

「音楽の天才作曲家」モーツァルトが駆け抜けた35年の生涯を描いたミュージカル「モーツァルト!」が4年ぶりに舞台美術を一新して開幕されることが発表されました。

日本では小池修一郎の訳詞・演出により2002年に初演され、以来2010年、2014年に公演されている大ヒットミュージカルです。

今回、注目の主役ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのメインキャストは、ミュージカル界にとどまらず活躍目覚ましい人気俳優・山崎育三郎さんと、本作で帝劇初主演に抜擢された若手ミュージカル俳優№1の古川雄大さんのダブルキャストです。

モーツァルトの妻コンスタンツェ役には、2014年、2017年と『レディ・ベス』のタイトルロールを務め上げた平野綾さん(「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らきすた」などで活躍した元人気声優)が前回に続き出演。

そして新たなコンスタンツェ役には、ミュージカル界期待の新星・生田絵梨花さん(乃木坂46)と木下晴香さんが抜擢されました。

過去数年にも公演されたことのあるモーツァルトですが、ヒロイン役のコンスタンツェ役だけでもかなりの豪華女優陣が演じた経験があり元アイドルのソニンさんや元スピードで有名な島袋寛子さんがコンスタンツェ役を演じたことでも有名です。

さらに主人公の父親レオポルド役にはあの市村正親さんが毎年しているようで、作品により深く重い空気をいれております。

意気込み語る

約4年ぶりの上演に向けて、メインキャストの囲み取材会見が行われ、作品への意気込みを語りました。 山崎育三郎さんは「新たなキャストが加わり、演出やセットが新しくなり、新しい楽曲もあります。

新生『モーツァルト!』を力を合わせて作り上げていきたいと思います。

と語り、自身のブログでは「ヴォルフガング役で出演します。また1つ、大作に挑ませて頂きます。

うまく言葉にできませんが、死ぬ気で挑みます」と特別な思いと決意を表しました。

また、取材の最後には、2018年を『モーツァルト!』の年にしたいと思いますので、皆さん帰ったら『モーツァルトすごいことになるらしい』と宣伝してください!と来場者に呼びかけ、会見を締めくくりました。

メインキャストが劇中歌を熱唱!

会見には山崎さんと古川さんの他、モーツァルトの妻・コンスタンツェ役をトリプルキャストで演じる平野綾さん、生田絵梨花さん、木下晴香さんが出席。

オーディエンス200人が見守る中、出演者による歌唱披露で会見がスタートしました。

まず古川さんが「僕こそ音楽」を熱唱し会場を沸かせると、続けて生田さん、木下さんが「ダンスはやめられない」を歌い上げます。そして最後に山崎さんと平野さんが「愛していれば分かり合える」を声高らかに響かせ、会場は割れんばかりの拍手で盛り上がりました。最後に作品の見どころを聞かれた山崎さんは、「ヴォルフガングの人生、彼の生き方に自分の想いを乗せながら、改めて「人生とは何か」「運命とは何か」ということをみなさんに感じていただきたいです。

そして幅広い世代にミュージカルの魅力を理解していただき、共感してもらいたいと語りました。

まとめ

「ミュージカルの魅力とは?」以外とピンとこない方が多いかもしれないですね。

今回、この話題を調べている内にモーツァルトの人生や運命などに、とても興味が湧いてきました。そして、同時にミュージカルの魅力も味わってみたいという思いになりました。本作は東京・帝国劇場からスタートし、その後、大阪、名古屋でも上演されます。

是非会場に足を運び、生で山崎育三郎さんの本気度を体感してみたいですね。そして、ますます幅広く活躍する山崎育三郎さんを応援したいと思います。

関連記事(一部広告)