「山口達也メンバー」報道に違和感。メディアが守る「暗黙のルール」とは?

やまぐち




ジャニーズ TOKIOのベース担当 山口達也(46) 女子高校生に対する強制ワイセツ容疑で書類送検されました。

報道では、「メンバー」という呼称を使っているが、これが各SNS上で話題になっている。TOKIOに所属する各タレントに対してメンバーという呼び方は聞きなれないからだ。

各報道機関はなぜ、メンバーと言う言葉をつかっているのだろう?

「山口達也メンバー」報道名に違和感

ジャニーズのタレントには、容疑者等の呼称は付けれられないなどの噂が、今回の報道を機にまことしやかにささやかれている。

たしかに、メンバーという呼称には違和感があるように思える。

今回の事件(あえて事件)は、NHKが最初に報道し各社が追随した形である。

NHKとしても自局のEテレ内で放送している、タレントと出演者の女子高校生の事件であるため、かなり報道には苦慮したことと思われる。

メディアが守る「暗黙のルール」とは?

各報道機関は事件を報じる上で、用語の使い方についてルールを設けている。

関係者に対する人権に配慮するなどの理由からで、各社が独自で定めているものの、ほぼ同じような取り決めになっている。

例えば、容疑者という呼称は、逮捕または指名手配された場合の呼称として使う。

逮捕などされたとしても、この段階では、あくまで罪状は「容疑=疑い」であり、罪が確定しているわけではないからだ。

呼称は刑事手続が進むに従って変わり、起訴された後から判決が出るまでは原則「○○被告」、刑が確定した後は「○○受刑者」「○○服役囚」「○○死刑囚」といった表現を使っている。

一方、書類送検の場合は「容疑者」は使わないようにしている。そもそも書類送検は、警察が任意で取り調べ、起訴の有無を判断する検察庁に書類という形で送る手続きだ。

身柄を一時的に拘束する逮捕を適用できるのは、対象者が逃亡や証拠隠滅を防ぐ恐れがある場合に限られる。一方、逃亡も証拠隠滅の恐れはないが、法律違反の疑いがあって捜査する場合、警察は対象者を任意で事情聴取するなどして書類にまとめ、検察庁に送る(送検)。

警察が、逮捕を伴った身柄付きの送検にするのか、任意捜査によって書類送検とするかは、あくまで逃亡や証拠隠滅の恐れという観点から判断している。

だが、結果として書類送検される事件は、逮捕を伴う事件よりも刑事処分が軽いことがあるため、報道機関は書類送検の場合には、人権上の配慮をして、逮捕や指名手配時に使う「容疑者」呼称は使わず、「会社員の男」などと、職業などの肩書きを用いながら匿名で報じる。

こうしたことから、山口メンバーについて報道各社は、TOKIOの一員という職業上の肩書きとして「メンバー」という呼称を使ったとみられる。

ただ、匿名ではなく芸名での報道に踏み切ったのは、山口メンバーの知名度が高く、社会的な関心の高さや事件の影響などを考慮したとみられる。

まとめ

今回の山口達也メンバーの事件は、まだ報道されたばかりである。

本人の記者会見が、4/26 午後2時から行われたが、これに関する各報道機関の記事も様々に出来ることだろう。まだまだ目が離せない事項である。

関連記事♪

山口達也、嫁高沢悠子三行半突きつける!DVの疑い濃厚、画像で証明

山口達也、円満離婚アピール!本当は、ドロ沼離婚!浮気三昧の日々

山口達也、離婚原因、愛人の存在!別宅が2ヶ所!それぞれに愛人囲う

山口達也、離婚理由話す!表向きの理由『自分の生活の自由さ』真実は

山口達也、離婚原因は?離婚の真相に迫る!会見で理由述べる

関連記事(一部広告)