室井佑月がアナウンサーの発言に怒りをあらわにする。相手は誰?

muro2




毒舌なコメントで有名な室井佑月さん。

常に毒舌を振るう彼女ですが、逆に彼女自身がその毒舌で首を絞めてしまう形になってしまいました。

一体何がおきたのかというと、2017年にTOKYO MX内で放送された「バラいろダンディ」に出演し、とあるアナウンサーの発言に対してキレてしまったと語る室井さん。

その発言とはなんでしょうか?では、事実関係をまとめていきたいとおもいます。

ムカついた切っ掛けは?

ではそんなに怒ったきっかけは何なのでしょうか?

インターネットから生まれた新しいメディアとして注目を浴びるAbema TVそのニュース番組内でキャスターが民進党の山尾議員の不倫問題について話題になった時に室井さんが激怒したやり取りがあったと言われています。

番組内でキャスターは「ネットで話題になっているのは、例えば今井絵理子さんや宮崎謙介さん(ともに自民党)が不倫したときのコメンテーターの反応と、山尾志桜里(民進党)の不倫騒動についてのコメンテーターの反応が違う。」というネットの話題になっていることについて触れました。

そして、あくまでその具体例として「例えば、室井佑月さんとか山尾さんは『議員は仕事ができればいい、下半身は関係ない』と擁護していたのに、宮崎さんには『私の税金で不倫しいてる』と批判した。」とあくまで例の一つとして室井さんをあげました。

これに対して室井さんは激怒したとされています。

相手のアナウンサーは誰?

では、相手のアナウンサーとは一体、だれなのでしょうか?

室井さんを激怒させたのは、小松靖さんだそうです。komatu

1974年に生まれの43歳、男盛りな年齢で、その年齢に似合わないキレのある若いイケメンな顔で人気があります。

1998年にテレビ朝日に入社、主に報道番組を担当しており2006年からアメリカ支局に出張していましたが2007年に帰国、やじうまプラスのメインキャスターを2010年まで務めます

2016年からはAbemaTVのニュース番組「Abemaプライム」でキャスターを務めています。

また、2018年に話題になっていたテレビ朝日の女性記者がセクハラの被害にあった事件についてほぼ黙殺をしていたテレビ朝日関係者の中で「テレビ朝日の信頼は地に落ちた」と唯一声をあげた中々勇気ある若手アナウンサーでもあります。

室井の対応にネット炎上

一方でそんな室井さんは小松アナの発言に激怒して、「私が不倫について言うわけない。私、不倫から発展して子どもまで産んでいるんだからさ!」「頭きてさ、訴えてやろうかと思った。本気でムカつく! アイツ、あのアナウンサー、まだもうちょっと調子こいたら……」と訴訟をにおわせるようなコメントまで出してしまいます。

しかし、この媒体を越えた大喧嘩に注目していたネットユーザーの多くから室井さんの発言をめぐって炎上してしまします。

大手匿名掲示板である元「2ちゃんねる」こと5ちゃんねるでは「訴えろよ 負けるのはオマエなんだからさ」と皮肉を言うコメントまでいわれてしまいます。

また不倫について言及していないという彼女のコメントに対しても過去の発言を比較して「言ってるじゃん」と指摘するコメントまででてきてしまいます。

逆にアナウンサーの発言を「正論だ」といって評価するコメントもチラホラみえていました。

まとめ

その後、室井さんの方から詳しい反論については一切されていませんでした。

しかし、この騒動が起きた2017年から年が変わった2018年の元旦に放送された『いま、日本を考える2018』でついに共演をしています。

番組内で安倍政権の是非についてリベラル派の論客と議論になった際に「そこまで安倍政権を戦後最悪だと言うなら、対案を出すべきでは?」と切り込み、ジャーナリストだからそこを考える立場にはないと答えられても「対案がないというなら説得力がない」と切り捨てる一幕がありました。

そこに室井さんが絡みますが「なんでー?」「頭おかしい」とヤジを入れるだけで終わりました。残念ながら今回の絡みは小松アナの2連勝といった感じでしょうか?

しかしここで下がる彼女ではないはず。また絡んでやりかえしてほしいものです。

 

 

 

関連記事(一部広告)