古舘伊知郎は離婚したの?離婚の理由は何?真相は?

R4C8548




フリーアナウンサー 古館伊知郎さん、12年間勤めたテレビ朝日、報道ステーションを引退後、1987年に結婚した元CAの奥様と離婚をしたとの噂が流れました。

この時、古館伊知郎さんは1954年生まれなので、64歳(2018年現在)になります。

妻はどんな人?

古館伊知郎さんの奥様は、元JALのキャビンアテンダントをされていた、松尾美樹さん。

1987年7月に結婚後、古館さんとの間には、1男1女の二人のお子さんを授かりました。

その時すでに古館さんはテレビ朝日を退社、芸能事務所「古館プロジェクト」を設立し、フリーアナウンサーとしてプロレス中継や音楽番組「夜のヒットスタジオ」等を担当。

1994年から1996年にはNHK紅白歌合戦の白組司会を務めるなど超多忙な日々でした。

当然、育児や家庭の事は美樹さんに全て任せられる状況が続いていました。

しかし、美樹さんは家庭の事、育児の事は全て私に任せてと奮闘。

古館さんは、仕事の全てを賭けることができました。

2004年からは「ニュースステーション・久米宏さん」の後を受け「報道ステーション」の初代キャスターを務めることになり、一週間の帯といことで他の番組やCM出演を相次いで降板、同番組に絞って活動していました。

奥様、美樹さんはそんな古館伊知郎さんの仕事を家庭面からフォローできる素敵な女性だと思います。

馴れ初めは古舘のナンパだった?

古館伊知郎さんと美樹さん(旧姓 松尾美樹さん)の馴れ初めは?

古館さんと美樹さんが結婚したのは1987年です。

そのとき美樹さんはJALの客室乗務員でした。

このころは、芸能人が客室乗務員と結婚すると言うパターンが多かったように思えます。

モデルのような容姿の人が多かったために男性に人気の女性職業だったようですね。

出会いは古館さんがハワイに向かう飛行機の中だとか。詳しい時期等はわかりませんが、すでに古館さんがフリーになっている頃だと思うので、美樹さんも古館さんの存在は認識していた可能はありますね。

そんな古館さんから美樹さんは積極的にアプローチを受けました。

ホノルルでの滞在時や、帰国後のアクションに関してはほぼ情報は無いのですが、あのマシンガントークと無限大のボキャブラリーを駆使して古館さんは美樹さんにアプローチしたのではないでしょうか。

離婚の噂の真相は?

2015年までの古館伊知郎さんの仕事は、テレビ朝日の「報道ステーション」がメインです。

この仕事は月曜から金曜、夜10時前後から深夜までになります。

準備時間や就労後の打合せ時間も含めると一日の拘束時間はかなりのものとなります。

また、取材の編集や資料の整理、VTRの整理などで自宅とは別にテレビ朝日に近いところにマンションを借りていました。

ほぼ24時間、報道ステーションと言う仕事に全てを賭けていたと言っても良いでしょう。

そんな古館さんを見ていた奥様は、日々体力が落ちていく旦那さまを心配していました。

そしてある日、「そろそろ引退しては?」と声をかけましたが、古館さんは「ニュースステーションの久米宏さんは19年間勤めた、私も少なくとも2020年東京オリンピックまでは」と奥さんに話したそうであります。

その後、日増しに衰える古館さんを見て奥様は、離婚届を目の前にして「本当に報道ステーションを卒業しないと離婚します」とまで言って引退を迫ったそうです。

結果、古館伊知郎さんは報道ステーションを卒業されました。

離婚届云々の真偽はさだかではありませんが、奥様の古館さんの健康への気遣いはさすがだと思います。

まとめ

報道ステーションのギャラは年間12億円とも言われます。

しかし、奥様の美樹さんはその収入も顧みず古館さんの健康を最優先に考えました。

最近の古館さんはどうでしょう?

特番や、HNKの日本人のお名前 など数々のバラエティーに出演しています。

持ち前の早口トーク炸裂です。

報道ステーションでは表現できなかった、フリーアナ古館伊知郎が帰った来たっという感じです。

これからの古館伊知郎、身体を大事にするのはもちろんですが、彼らしい多彩な色で番組を創っていってほしいものです。

関連記事(一部広告)