本木雅弘長男の内田雅樂がUTAでパリコレにデビュー!身長や経歴は?

uta1のコピー




元シブガキ隊、本木雅弘さんの息子、内田 雅樂さん。彼が“UTA”の名前でパリコレの世界にデビューしたというニュースが入ってきました。

華々しいモデルデビューを飾ったUTA。

彼の素顔は? 私生活は? 今日はそんな“UTA”について様々な情報を検証していこうとおもいます。

 

プロフィール

名前:内田雅樂

モデルとしての名前:UTA

誕生日:1997年10月1日生

血液型:AB

出身地:東京都

身長:190cm(195cmという説もあり)

学校:ドミニカン大学

2000年、祖母・樹木樹林出演のNHK大河ドラマ「葵~徳川三代~」で子役デビュー

内田雅樂身長195センチ、堂々のパリコレデビュー

本木雅弘さんと言えばジャニーズで一世を風靡したイケメン歌手であり、俳優です。

彼の自慢の息子であるUTAさん。

彼がパリコレにデビューをしたというニュースがはいってきました。

なぜ今、UTAはパリコレという大舞台に立つことができたのでしょうか?

パリコレのモデルは身長185cm~190cm以上が必須条件とされており身長が高いだけではなく服の着こなし方やスタイルなども重視され顔よりも全体のイメージの方が重要視されている様子です。

彼の身長は190cm以上あり、この時点でもう条件は整っています。

そして、彼の祖母はあの大女優、樹木希林さんで数多くの名作映画に出演し国際的な映画祭にも参加していることでも有名です。

彼女の通訳係としてある国際イベントに参加した際に多くの芸能関係者の間で彼の存在が話題になったため、フランスのとある事務所と契約を結びモデルデビューをしたともいわれています。

最終学歴は?バスケが得意?

そんな彼の学歴は一体どうなっているのでしょうか?

実はかなりインターナショナルな経歴の持ち主で 、小中学時代は東京港区元麻布にある西町インターナショナルスクールに通っていました。

その後はスイスにあるル・ロゼイ学院の高等部に進学をします。

このル・ロゼイ学院は「王のための学校」といわれるほど世界中のセレブ達が通っていることで有名であり4年間の学費は660万円ほどかかるともいわれています。

そんなところに通うとはかなりのおぼっちゃまだったのですね。

その後、アメリカのドミニカン大学に通い、大学ではバスケットボール部に所属し、その高い身長をいかしてかなりの活躍をしているようです。

きっかけは小学生のころからバスケに興味を示していたからと言われています。

大学生になってもバスケを続けており、モデルと兼任で大学生バスケットボールプレイヤーとして活躍しているようです。

https://twitter.com/Uta_Uchida/status/733642911556997120

https://twitter.com/Uta_Uchida/status/726063257333714944

まとめ

今回は本木雅弘さんの息子である内田雅樂さんの事について情報を検証していきました。小さななころからスポーツ万能で、今はバスケットボールの達人であり、プロからのスカウトも有ったとか無かったとか。

その上モデルも兼任しているというまさしく漫画の天才児のような彼。

ただモデルデビューとなった写真に対しては一部ネットユーザーの中ではセンスを疑問視する声も多くありました。

「髪型と服装があってない」「ジョジョ5部みたい」などのような声もありましたが、高い身長と初々しい顔立ちはそれだけでスター性ありですね。

そんな彼の今後に期待ですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事(一部広告)