TOKIOメンバーそろって会見予定?いつ?脱退発表か?

TOKIO




TOKIOという確立した存在が、一員の不祥事で危うくなっています。信頼を失うのは、あっという間です。大人としてだらしなければ、社会は認めてくれません。山口達也さんをめぐって、本日会見があります。私たちは、それから何かを学ばなくてはいけないかもしれません。

TOKIOメンバーそろって会見予定はいつ?

TOKIOのメンバー山口達也さんが、強制わいせつ容疑で、東京地検によって起訴猶予処分となりました。昨日5月1日の段階で、山口達也さんを交えた5人で話し合う時間をつくったそうです。本日5月2日に、山口さんを除いた4人で会見を開くとされています。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長がコメントを発表しました。被害者や関係各所に謝罪した上で、「弊社としましては、ことの重大さをしんしに受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」との事です。

今後については「メンバーもそれぞれが23年の時を重ね、今の立場に立っております。彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、考えて決めていくことを受け止めます」と話しています。

内容は?山口達也脱退か?

長瀬智也さんはファンサイトで「(山口の)ベースの音がなくなったら曲ではなくなってしまいます」としており、音楽活動は休止せざるをえない状態になります。グループ存続の可否も含めて、今後の活動について話し合ったようです。

山口さんはバンドの屋台骨とも言えるベースの担当。サポートメンバーを加えるなどせず、あくまで5人がそろわないとバンドとしてファンの期待に応えることができないと判断したとみられます。

山口さんが性的な不祥事という、アイドルとして最大のタブーを犯したことも重く見て“連帯責任”の意味を込めたもようです。番組出演について、山口さん以外は従来通り出演する予定です。。

山口さんが謝罪会見で、断酒を明言しなかったこと、TOKIOへの未練を語ったことなどについて、メンバーはもちろん、芸能界でも批判の声が相次いでいます。今日2日の会見では、4人から山口に対しての厳しい言葉を含め、グループの今後の活動について語るとみられます。

まとめ

ジャニー喜多川さんの象徴的な言葉がありましたが、メンバーは皆大人であるので、自身での判断で今後を決める様にということでしょう。山口さんも大人ではありますが、アルコール依存症であること、だらしのないあまい考えである事は、立場上、許されない事です。多方面でたいへん迷惑がかかりますし、山口さん自身も社会から信頼回復を得るには難しい問題になりました。

本日の会見は全国の皆様が注目するかと思いますが、山口さんの起こした事は、我々は反面教師としてしっかりと受け止めたいところです。

関連記事♪

TOKIO、解散危機!山口達也が理由か!リーダー、国分解散しない

関連記事(一部広告)