田中道子は競馬が趣味?絵画もプロ並み!出身高校・大学はどこ?

田中道子




田中道子ってだれ?!と言う声が劇的に減りつつある今ブレーク中のファッションモデル・女優、田中道子さん。

7~8年前には建築士2級の資格を取得してその道を志していたところが就職活動の絡みでオスカープロモーションの社長の目に止まり、2013年には「ミス・ワールド」日本代表に選出され、モデル・女優へと歩み出されています。

プロフィール

□氏名

田中道子

□生年月日

1989年8月24日

□出身地

静岡県浜松市

□特技

ピアノ、ハープ演奏、テニス、スキューバダイビング、絵画

□身長 / 靴のサイズ

172cm / 24.0

□特記事項

建築士2級免許

競馬が趣味ってほんと?

田中さん自らのコメントで 競馬については第一に馬そのものを見るがことが大好きで、お気に入りの馬が出るレースがあると我慢できなくて、わざわざ京都の淀競馬場まで日帰りで観に行ったこともあるそうです。走る馬の姿が「たまらない」ようです。

もちろん、お気に入りの馬が上位に食い込めるようレースならば馬券を買って、手に汗にぎって「当たった!外れた!」と大騒ぎし、ストレス発散。真剣に予想して気合を入れて馬券を買ってレース結果に一喜一憂する醍醐味も存分に楽しんでおられるようです。

科学的なち密さが要求される建築士の資格を持ち、絵画を描かせれば一流の描写感覚。そして、競馬にエキサイトし絶叫する田中道子さんです。その上、ピアノ・ハープ演奏・テニス・スキューバダイビングを楽しむ「マルチ人間」そのものです。

絵画もプロ並み!

芸術系の大学に進学されていたということで、幼い頃から才能があったようです。

バラエティー番組「プレバト!!(使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!)」において、ご自身の水彩画 「夏の日の紀尾井坂」が披露されました。

専門家の野村重存氏から「石垣や並木道をきちんと描くことで登り坂を表現している」「木漏れ日の光やコントラストが非常に良く、天気が分かる」「葉も丁寧に描けている」と高く評価されています。この作品がきっかけで、番組内で特待生になられました。

我々凡人が観ても「光の差し込み具合」や「木の葉のリアル感や丁寧な描写」だけでも十分に鑑賞するに耐えうる腕前であることはわかります。建築士の資格を持っている資質が田中道子さんの芸術への造詣にも現れているのでしょう。うらやましい限りです。

出身高校・大学はどこ?

浜松市立高等学校に2005年に入学(前年まで女子高で共学校に改編した年度に入学)しています。当時は偏差値62のランクですから、難関校であったようです。現在は偏差値67まで上がっているとのこと。

校技は「テニス」で、田中さん自身は吹奏楽部のマーチングバンドに在籍されていました。

その後、静岡文化芸術大学へ進学。偏差値55の2000年に開学された比較的新しい公立校で、デザイン学部にて建築学を専攻。大学在籍中に2回生の時に「ミス浜松」のグランプリに輝き、4回生で「ミス・ユニバース 日本大会」において3位になりました。

これらの「ミスコン」を通じて本来、建築士を目指していたスタンスから「モデル」への道も摸索し始めたようです。父親は当然建築士になってくれると思っていたところに突如の進路変更に猛反対し、「演技レッスン」のために上京した当時も夜逃げ同様だったというエピソードもあります。

まとめ

大学生時代の「ミスコン」入賞に始まり、今年ついに大河ドラマに出演するまでになった田中道子さん。当時、芸能界入りを猛反対したお父さんも「ミス・ワールド2013」の世界大会では「日の丸」を必死に振って応援していたとのこと。

一般人からすればまさに「シンデレラ・ストーリー」の最中にある田中さん。才女としても申し分のない学歴を持ち、その美しさにタレントとしての可能性を見出され、これからのサクセス・ストーリーから目が離せない存在になりました。

関連記事(一部広告)