菅田将暉の高校はどこ?偏差値は?実はアメフト部だった?

masa27




今大活躍中の若手俳優である菅田将暉さん。注目度No,1の彼ですが、学歴は一体どうなっているのでしょうか?さらに一部では文武両道でエリートだったとも称される彼、はたして本当にエリートだったのでしょうか?

今回は実際に検証してみました。

学歴は?高校時代の偏差値が高い?

菅田将暉さんは大阪府箕面市出身で、大阪でも箕面といえばかなりの高級住宅街であることでも有名であったりします。また、大阪府民のあこがれの土地であるらしく「すみよい街ランキング」では1位を常にキープしている場所でもあったりするのです。

そんな箕面市で育った彼は箕面市立第一中学校出身で、そこではサッカー部で活動をしていました。その後、彼は大阪の偏差値ランキングでトップクラスの位置にあるとされている大阪府立池田高等学校に通うことになります。

その偏差値がどれほどすごいかといえば全国偏差値ランキングでいえば10,196校中の270番目に賢いらしく、全国的にみてもかなり賢いところであるようです。(2018年 偏差値68 調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査 高等教育領域 )

高校時代はアメフト部!ポジションは?

そんな彼は高校時代にどんな部活をしていたのか、というとなんとアメリカンフットボールだそうです。アメリカンフットボールといえば、ビル・ゴールドバーグのようなプロレスラーを生み出し、下手をすれば格闘技よりも危険でタフともいわれています。

彼はアメリカンフットボールで一体、どんなポジションにいたのでしょうか?彼がいたのはクォーターバックで活躍していたそうで、アメリカンフットボールには攻撃と防御という役割があり、クォーターバックというものは攻撃側のリーダーを務めているのです。

このクォーターバックというポジションは単純に体が大きかったり力が強いだけでは務まらないらしく、試合に勝つためにも他のメンバーを動かさないといけないので頭脳という物も必要になるといわれています。

さらにスポーツに詳しい事情通によると菅田さんの投げ方はかなりうまい投げ方らしく、肩もなかなかできているといわれております。

志望大学は早稲田だった

そんな菅田将暉さん、もちろん頭がよくて志望している大学はあの早稲田大学だそうです。池田高等学校の偏差値は64で、卒業生は難関大学にも合格できるほど賢いといわれていました。

しかし、同時に芸能活動をしていたこともあり芸能活動に専念するために高校を中退せざる負えませんでした。菅田将暉さんは将来の夢に数学教師をあげており、もしも俳優を続けずに学業に専念をしていたら早稲田卒でイケメンでアメフトのクォーターバック上がりというすごい経歴をもった数学教師が誕生していたのでしょう。

元々数学が得意だった彼は暇さえあればノートにいっぱいの数式を書いて暇つぶしをしていたそうです。元々、天才肌だったのですね。

まとめ

文武両道でイケメンという菅田将暉さん。まさに非の打ちどころがない人ですね。しかし、数学教師というかつての夢には驚きですね。もしも菅田将暉さんが教師だったら女性生徒から人気はとんでもないことになりそうです。

おそらくアメフト経験者で強い肩をもっているので、腕力にも問題はないでしょう。おまけにクォーターバックというポジションにいたので知略にも長けているはずです。したがって男子生徒からもリスペクトされていたようです。

教師になっても恐らく彼は出世していたはずです。やはり才能を持っている方はなんでもできるのでしょう。そんな彼の活躍にこれからも期待しましょう。

関連記事(一部広告)