二宮和也が主演のドラマ「ブラックペアン」がスタート!主題歌は?

nino9 (2)




TBSの4月期の日曜劇場(毎週日曜21時)で、嵐の二宮和也主演の『ブラック・ペアン』が放送されていますが、どんなドラマなのか気になりますよね。

これから見てみようと思う人の為に調べてみました。キャストも豪華だと聞いたので………。

キャストはどんな人たち?

番組公式HPの人物相関図を見てみると、

二宮さん:渡海 征司郎(とかい せいしろう)天才外科医だけど一匹狼。通称「オペ室の悪魔」

竹内涼真さん:世良 雅志(せら まさし)研修医。

葵わかなさん:花房 美和(はなぶさ みわ)新人看護師。

この世良と花房は「お互いに研修医と新人看護師の立場は違うけど、互いに悩みを相談する仲になって助け合う」と書かれているので、脇役の2人にも注目ですね!

加藤アナ:木下 香織(きのした かおり)元看護師で現在は治験コーディネーター。

加藤浩次さん:池永 英人(いけなが ひでと)「日本外科ジャーナル」編集長

小泉考太郎さん:高階 権太(たかしな ごんた)新任講師

市川猿之助さん:西崎 啓介(にしざき けいすけ)帝華大学病院 外科教授

この四人が主人公達にどんな動きを見せるのか、ここにも注目ですね!

ドラマの概要は?

原作は、海堂氏の小説「ブラックペアン1988」。

手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が、「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具・スナイプの導入をめぐり、陰謀と嫉妬が渦巻く大学病院と対峙。

この陰謀と嫉妬が渦巻くっていう所が気になりますよね。nino10

ドラマの舞台は、「東城大学医学部付属病院」が主ですが、ドラマの人物相関図を見てみると、ライバル病院であろう「帝華大学病院」の人物が出てきます。

他大学出身の新任医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用器具が持ち込まれます。この手術用最新医療器具によって、新しい手術の形が導入されようとしますが、

「外科医として手術の工程の一部を本当に任せることができるのか?」

「この技術導入に裏はないのか……?」と疑い、反対する主人公・渡海の闘いが始まります。

人物相関図で帝華大学病院の西村・外科教授が、高階を東城大学医学部付属病院に送り込む時点で怪しいですよね。

主題歌の担当は小田和正

小田和正さんがTBS日曜劇場の曲を担当されるのは、2010年に放送された小栗旬さん主演の『獣医ドリトル』以来の2回目なんだとか。

楽曲名は「この道を」。彼のコメントによると、

「依頼を受けた段階で音楽的にはこういう風にしようと決めていましたが、制作されているみなさんの番組に対する強い想いを伝えられていたので、曲が出来た時点でこれにどんな言葉を載せるべきかと随分迷いました」

「でも、いただいた資料を何度も読み返すうちに、番組に携わる人たちが主題曲に求めているものと自分が歌いたいことはきっと同じ線上にあると確信して『この道を』が出来ました」

「ドラマが書かせてくれた曲です。皆さんはどんな風に聴いてくれるのでしょう」

番組に対して、聴く視聴者に対して全てにおいて丁寧に曲を書き下ろしたのが伝わります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回加藤アナは女優デビューだそうで、彼女がどんな演技をみせてくれるか個人的に楽しみです。ドラマの中でも各キャラクターの様々な物語があると思うので、それも楽しみです!

関連記事(一部広告)