矢方美紀ブログで乳がん手術を告白!指原莉乃と同級生?仲はいいの?




女性アイドルグループSKE48チームSの元メンバーだった矢方美紀さん。最近、乳癌の手術をされたことがブログに書かれていましたね。

また、指原莉乃さんと同級生だという噂もありますが、どうなのでしょうか?

プロフィール

本名:矢方美紀(やかたみき)
ニックネーム:みきてぃ
所属事務所:AKS
生年月日:1992年6月29日
出身地:大分県
血液型:O型
身長:153cm
スリーサイズ:B77 W59 H83.2
靴のサイズ:23.5cm
合格期:3期生
選抜回数:4回

https://twitter.com/m6k29miki/status/1002146652218540032

矢方美紀ブログで乳がん手術を告白

2018年4月13日の矢方さんのブログで、乳がんが発覚し、手術で左乳房全摘出とリンパ節切除を行ったと書かれていました。

矢方美紀さんは、2017年1月25日、SKE48のチームS『重ねた足跡』公演で、SKE48から卒業することを発表、そして同年2月28日にSKE48としての活動を終了し卒業したところでした。

矢方美紀さんは現在25歳でまだまだ若いですし、アイドルとして活動されていましたし、何より女性として乳房の摘出はショックだったと思います。

乳癌であり既に手術も行ったことで、48グループのメンバーはもちろん、ファンも驚きを隠せませんでした。

ネット上からは矢方美紀さんを労わる声と、同じ様に癌で苦しむ方にとって、矢方美紀さんが癌の告知をしたことの勇気に感動された方もいたそうです。

大手匿名掲示板5ちゃんねるでは、彼女の姿勢に対して珍しいことにアンチコメントが一切なく「全摘出よく決意した。」「若いのに大変やな。」と彼女をねぎらうコメントが多くみられていました。

さらに「想像以上に可愛かった、ガン保険の仕事が来そう。」と想像するコメントまでありました。

考えてみれば、アフラックなどのCMでキャラクターのアヒルと共演する光景は簡単に想像できますね。

そういう意味では彼女には向いている仕事なのかもしれません。

矢方美紀さんの乳癌はステージ2で、左乳房全摘出とリンパ節切除の手術に成功され、現在は仕事にも復帰されて前向きに歩んでいますが、全摘出については「受け入れるのはすごく時間がかかりました」と話しつつも、決断した理由には「その後、20年、30年と考えたときにやっぱり再発の率も上がることもあるって聞いたのと、年齢的に遺伝の可能性があるので、病気になりやすい体かもしれないということを聞いて、今回は全部を取ってちゃんと治療していこう」と語っています。

指原莉乃と同級生?仲はいいの?

矢方美紀さんの生年月日と指原莉乃さんの生年月日を見てみると、矢方美紀さんは1992年6月生まれで、指原莉乃さんは1992年11月生まれなので、同学年になりますね。

実際、小学校と中学校、通っていた塾が一緒だったそうです。

矢方美紀さんと指原莉乃さんの出身中学校は、大分市立王子中学校で、高校は大分の楊志館に入学しますがSKEのオーディション合格とともに他の高校に編入しています。

指原莉乃さんとは中学校の時に1度だけ同じクラスになるも、あんまり関わらなかったそうですね。

中学校は1クラス40人位のクラスが7つ程あるマンモス校だったそうです。

部活動も矢方美紀さんは陸上部で、指原莉乃さんは吹奏楽部だったそうで、特に仲が悪いという訳でもなく、クラスが多くて部活も違ってたということでした。

特に接点もなかったらしく、恐らくお互いの存在すらも認知していなかったのかもしれません。

実は中学時代にいじめられていた過去を明かしている指原莉乃さん、そのいじめに矢方美紀さんが関与していたのではないか?という噂もありましたがその可能性は低いと思われます。

まとめ

矢方美紀さんと指原莉乃さんは九州出身だということは知っていたのですが、同じ小・中学校出身だったとは驚きでした。

大きな学校だったら同じ学年でも顔を合わすことなんてほとんど無いですが、同じ48グループで活躍されていたのは2人にとって何かの縁なんじゃないかなと感じます。

いつかはアフラックなどガン保険のCMなどに出てきてみてほしいですね。

25歳という若さで乳癌が発症したので、矢方美紀さん自身も、同年代の48グループのメンバーもとてもショック受けたと思います。けれども、前を向いて治療にお仕事に頑張る矢方美紀さんにこれからもエールを送ります!

 

関連記事(一部広告)