スッキリ!板?番組内で号泣。相撲の話題で暴言か?

かとうこうじ




加藤浩次さんといえば、皆さんおなじみの朝の番組である『スッキリ!』に出演されているので、知らない方はそんなにいないと思います。

またデビューとき当時は「狂犬」「暴れん坊」の異名を持っていたのもよく知られています。今回はそんな彼のスッキリ!にまつわるお話です。

スッキリ!降板の噂。数々の暴言が原因か?

彼の暴言発言についてまだ記憶に新しい情報といえば、大相撲の不適切アナウンス問題、テリー伊藤氏との不仲説、モデルの田中美保さんを初回で降板させてしまったという情報があります。

他のwebサイトにもあがっているため詳細は省きますが、サクッと説明するならば、彼の発言によって相手はトラウマになったり精神的に追い詰められて降板になったりといったケースがよく見られます。

田中美保さんへの暴言については、過去の番組で謝罪をしてわだかまりを解いたらしいですが、スッキリ!降板の噂もありました。

朝の顔にあった、号泣の真意。

加藤さんの相方である山本圭壱さんが2016年に11月20日、よしもとクリエイティブエージェンシー復帰が発表されました。山本さんは遡ること、2006年7月に不祥事で芸能活動を停止、コンビとしての活動も停止となりました。

当時、テレビの前で相方の不祥事を詫びた加藤さん。「スッキリ!」のMCを始めたばかりの頃のことだったので、彼の胸中はとても複雑だったのでしょう。時折言葉を詰まらせ、号泣しながらの謝罪が記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

2010年4月2日放送、TBSラジオ「加藤浩次の吠え魂」では、加藤さんが山本さんの起こした不祥事後、スッキリ!で号泣した真相を話しました。

山本の不祥事発覚後、家族と食事に行く直前、所属する吉本興業から呼び出しを受け、朝方まで会社側と話し合いをしたという加藤さん。

だが、その話し合いは揉めに揉め、一旦自宅に戻って、家族や関係者と過ごした後、『スッキリ!』の現場に赴いたということです。。

ですが、現場でも会社側から、「これは言っていい、あれは駄目」など制約を設けられ、「頭がめちゃくちゃになった」という加藤さんは、「もう俺の好きにいわせてくれ。全部謝罪するから」といい、本番に挑んだよでした。

極楽とんぼ時代から10年という長きに渡って続いた“吠え魂”。その最後に、「何やっているんだ山本 と、怒りがこみ上げてきた。悲しくて泣いたんじゃない。あれは悔し涙だった」 と当時の複雑な心境を振り返りました。

朝の顔に定着。スッキリで見せるキャスターの顔とは。

噂説はどこに行ったのやら?今でもお馴染みスッキリで、朝の顔としてすっかりと定着している加藤浩次さん。

そもそもキャスターのお仕事とは、報道番組に出たり、ニュース番組に出演し、ニュースについて紹介をしながら司会進行を行います。ニュースをただ伝えるだけではなくて、内容をわかりやすく伝えるという能力も求められます。

加藤さんはバラエティでもラジオでも様々な方面で活躍されているし、もともとお笑いもされているので、キャスターにピッタリだと思います。

まとめ

今でも様々なジャンルで活躍されている加藤浩次さん。相方の山本さんのことや自身のご家族のことを人一倍大切にされて、日々お仕事に励むその姿に、これからも応援していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事(一部広告)